2010年05月21日

息子のお出かけの時の必需品

最近の息子はいろんなことに興味がいっぱい。

以前はスリングで抱っこしていてもおとなしくしていてくれたのですが、
今は電車の中ではキョロキョロしてとなりのお姉さんのバッグに手を伸ばし、
バスに乗れば、体をエビ反りにしてなんとか停車ボタンを押そうとして、
私が押さえつけようものなら、うきーっと声をあげることもあり、以前より
公共の場へのお出かけがちょっと大変になってきました。


まぁそれだけ興味関心が出てきていいことなんですけどね。

そんなときに、よくするのが小さい声での手遊び歌。
これが不思議と静かに見入ってくれる・・・が、歌い終わったとたんに活動再開(苦笑)。


そんなお出かけのときに重宝しているのがこの絵本。
はらぺこあおむし愛蔵ミニ版

DSC_1040.jpg

これ、手のひらサイズですっごく可愛くて一目惚れで買いました。
小さくても紙とかしっかりしたものを使っているので、手触りは大型本の
質感そのまま。
とても丈夫で息子がページをどんなにひっぱっても破けません。

大型本と同じく、ちゃんと青虫が食べているところに穴が空いていて、
息子はそこの穴によく指先を入れて遊んでいます。


地下鉄に乗って景色が見えなくて退屈そうに愚図った時も、小さい声で
この絵本を読んであげたらご機嫌に♪
小さいからかさばらないし、息子の小さな手でも持ちやすく外出の時の必需品です。
不思議なもので、以前購入したお出かけ用の布製の絵本はあまり好みじゃないらしく
ぽいって投げ捨ててしまうのに、こちらは飽きずにずっと好きです。

おもちゃっぽい布製よりも、やっぱり本物の絵本が好きなんですね。


エリックカールの絵本は本当に美しいです。
指や筆で色をぬった紙を切ってコラージュしてある絵は独特で、
まるで大理石に鮮やかな色がのっているようで見飽きません。
小さなうさこちゃんシリーズのディック・ブルーナもグラフィックデザイナーだし、
おおきなかぶの絵を描かれている佐藤忠良さんも有名な彫刻家です。

幼いうちから、こうした本物の芸術作品に触れることができる絵本って素敵ですよね。

他にもエリックカールの、「ね、ぼくのともだちになって」の愛蔵ミニ版も
動物がたくさん出てくる楽しいお話で息子によく読んでいます。

もう少し息子が大きくなったら、次はすてきな三にんぐみの愛蔵ミニ版を買おうかな。


大きな絵本は手にあまる息子も、このミニ版絵本は本当にお気に入りで
今日も私のカバンを勝手にあさって、はらぺこあおむしを取り出してページをめくり遊んでいます。

DSC_1045.jpg

お出かけのおともに、ミニ版の絵本がもっと増えるといいなぁ。


今日もぽちっと応援してくださると嬉しいです!
  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
自然育児ブログランキングへ
ラベル:絵本
posted by sako at 05:48| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

家庭でのケガや病気にレスキューレメディ

最近なかなか更新できなくてすみません。

1歳をすぎた息子が、手に負えないくらいパワフルになってきました。
体力がついてきたのか、お昼寝1時間程度で、あとはずっと元気に
散らしまくりいたずらしまくり・・・(TT)

保育園に預けた日はまとめて一気に家事をして、冷凍母乳を作って
あっという間にお迎えの時間。
夏に引っ越しを控えているので、家探しも始めていて、さらに慌ただしい毎日です。
(早く勉強を再開しなくてはと思っているのですが・・・)

お陰さまで息子は保育園に慣れてきて、別れ際にちょっと泣く程度になってきました。
先生も、寝ない・食べない・いたずらしまくりの息子に根気よくつきあってくださり
本当に頭が下がります。


ちなみに、先週「自然育児友の会」主催の、ここからミーティングという
イベントに行ってきました。

代々木のオリンピックセンターに各地から友の会のママさん達が
年に1回母の日に子連れお泊まりで参加して、プログラムも、整体的子育てのお話や
真弓先生のお話、自然療法の下山田先生のお話、その他おむつなし育児のお茶会など
盛りだくさんの内容で楽しめました。

私は会場に近いので、日帰り参加。
詳しくいろいろ書きたいところなのですが、時間がなくてゆっくり書けなくてごめんなさい。

ひもろぎ庵の下山田先生のお話は自然療法のありとあらゆる方法を教えてくださり、
本当にワクワクする内容でした。

その中で、印象的だったのは、下山田先生のホメオパシーに対する見解。

「他の自然療法に比べてホメオパシーの効果はとても高いが、
誤った使い方をすると効果が強い分、副反応も強い。
身体症状だけでなく精神症状も観察しなければならない。
使いこなすには、きちんと勉強してほしい」


そうなのです。
ホメオパシーの唯一の欠点はその難しさです。
ホメオパスの資格を持っていらっしゃる下山田先生も、軽く使うには
お勧めしないと言われていました。

私もセルフケア講座に何度も足を運びようやく家庭で使えるように
なったし、やはり家庭で使いこなすのは難しいのだなぁと改めて思いました。

でも、子どもがケガや病気の時、何かしてあげたいのが親の心情。

そんなときに、安心で気軽に使えて副作用もなくおすすめなのが
フラワーエッセンスのレスキューレメディ。


DSC_1060.jpg


これ、出している会社によってファイブフラワーレメディとか、リカバリーレメディ、エマージェンシーエッセンスなどと名前が変わりますが
どれも同じものを指しています。

そもそもフラワーエッセンスはホメオパシーから派生したもの。
その中の5種類の花から作られたこのレスキューレメディは、緊張・不安・ショックなど
緊急時に特化したレメディで、写真のように、基本のスポイトボトルタイプの他に
スプレータイプやクリームも出ています。
これらの購入先はこちらのサイト
フラワーエッセンスについての詳しい解説もあるのでご参考にしてくださいね。


大人もショックなことがあったとき、緊張してあがってしまう、興奮して体が震えてしまう等、
そんな時にスポイトから口に直接4滴ほどたらすか、飲み物にたらして飲むと
すごく落ち着いてリラックスできます。

ただ、これブランデーベースなので、子どもにはちょっと使いづらいのです。

スプレータイプ(写真中央)は植物性のグリセリンベースでほんのり甘く、子どもの口に直接シュッとスプレーできるのでお勧めです。

ホメオパシーに比べると穏やかに効く感じで、根本解決にはならないかも
しれませんが、お子さんが具合が悪くて落ち着かないときや激しく泣いているときに、
ちょっと試してみると落ち着くことがあります。
あと、ケガをして激しく泣いている時なども精神的ショックを和らげてくれます。
(ケガの時はアルニカ(Arnica)のレメディやクリームもおすすめです)


写真左のクリームは、アトピー肌や乾燥肌のかゆみを穏やかに抑えてくれます。
そして、一番使って欲しいのがヤケドの時。
今までに職場で何度もヤケドの子にこのクリームを使ったことがありますが
効果は素晴らしいです。
(真夏に日に焼けて肌が赤くヒリヒリするときもお勧めです。)

ちなみにヤケドの時のホメオパシー的な手当ってご存知ですか?
一般には冷やす手当が基本ですが、それだと熱を患部に閉じ込めて
しまい、水ぶくれを作ってしまうので、ホメオパシーではぬるま湯
40度程度のお湯につけて「患部の熱を逃がして」あげると驚くほど
良くなります。

指先の軽いヤケドの時など、コップにぬるま湯を作りお湯を取り替えながら
10分ほど・・・良かったらご自分で試してみてください。

急激な熱の炎症を真逆の温度の氷でいきなり冷やすというのは
体にとってとても乱暴なこと。

凍傷の場合も雪→水→ぬるま湯の順で徐々に温め、急激にお湯で患部を
温めると細胞や組織を痛めるので絶対にいけないと言われていますよね。
ヤケドもそれと一緒です。
(ヤケドの範囲が広範囲だったり重傷の場合は医師の指示に従ってくださいね)


私はホメオパシーを勉強していますが、以前の子どもの手当についても
書いたように、ホメオパシーに頼る前にできることがたくさんあると
思っています。

今回ご紹介したレスキューレメディも、すぐに使えて安全で
他のお手当と組み合わせるとより効果的です。
※ただし、レスキュー(エマージェンシー)レメディはあくまで
「レスキューやエマージェンシー」の時に使うもので毎日使うのはお勧めできません。

最近はロフトやカリス成城などでも扱っていますが、とても高価なので
ネットで購入される方がお勧めです。
機会がありましたらぜひ試してみてくださいね。


なかなか更新できなくてごめんなさい。
ポチッと押してくださると励みになります!

  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
自然育児ブログランキングへ

posted by sako at 04:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康法・自然療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

好きなものを、ひとつずつ

昨日は、元気になった息子とは裏腹に私は看病疲れでダウン。

久しぶりに休みが取れた夫と、窓全開で心地よい風の中、家族3人でお昼寝。

3時過ぎになってから、こんなに気持ちの良い日に外出しないともったいない!
ということで、特に目的もなく沿線の街に電車でお出かけしてきました。

アンティークな雑貨を置いている店で偶然見つけた素敵な水差し。
(Hanagokoro Do!divのカラーウォータリングカン

ひんやりとしたブリキに、ぽってりとした琺瑯のような白い塗装の質感と、
すらりとした美しいフォルムが気に入り、即決で購入。
オフホワイトは最後の一点で手に入れた嬉しさもひとしおです。


DSC_1042.jpg


今まで気に入った水差しがどうしても見つからなくて、
雪平鍋で観葉植物に水をあげてよく床を水浸しにしていました(笑)
でも、趣味に合わない間に合わせのものを買うよりは、
時間をかけてでも好きなものをひとつずつ揃えていきたいのです。

ついでに、他のお店でタブトラッグス(TUBTRAUGS)のバケツを購入。
(写真右の白いバケツ)
これ、もうすでに他の色を持っているのですが、とても使い勝手が良いので
写真のバニラ色を追加で欲しかったのです。

カラフルなラインナップとデザインがお洒落で、軽くてやわらかくたわむのに
水を通さず、バケツ、ゴミ箱、おもちゃ箱、収納、洗濯かご、土いじり、
ベビーバスなど多様に使えるすぐれもの。
私は布おむつをつけ置きしたり、洗濯物かごに使ったり、息子のベビーバスに
使った時期もありました。

ベビーバスって1ヶ月ほどしか使わないのに、わざわざ専用のものを
買うのって勿体ないですよね。

こういう多様性のあるものって大好きです。

こうした出会いを楽しみに、これからも納得できるまで気に入るものを
ひとつずつ探していきたいです。


よかったら、今日もポチッと押していってくださいね!
   ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
自然育児ブログランキングへ
ラベル:雑貨 インテリア
posted by sako at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活雑貨・インテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。