2010年09月02日

原因不明の歯痛とホメオパシー

長らくブログを放置してしまってすみません。
実は最近までずっと体調を崩していていました。

前回記事を書いた、8月の上旬頃から、原因不明の歯痛に悩まされて眠れない日が続きました。
母乳を続けているので、薬を飲みたくなかったのですが、気の狂いそうな痛みに耐えられず、飲んだ鎮痛剤はまったく効かず、歯科医も首をひねり、20日以上も苦しんで整体、冷えとり、クレイセラピー・・・その他いろいろな療法を試しましたが、どれもその場しのぎで根治には至らず。

結果的に自分でキットの中から選び出したレメディが、劇的に効いて、口に入れた瞬間から20日以上も続いていた痛みが消えて、楽になりました。
現在はレメディを取り始めて2日程度で、もうレメディを必要としなくなるほど、楽になり、今は元気に日常生活を送ることができています。
一時は抜歯や断乳も頭をよぎりましたが、ホメオパシーのお陰で再発することもなく速やかに穏やかに根本から治癒していきました。

これだけ報道でホメオパシーが叩かれていますが、やはり何をしてもダメだった痛みがたった一粒のレメディでこれだけ救われるのを体感すると、ホメオパシー自体はこんな素晴らしいものだと改めて痛感します。
そして、同時に、医療を遠ざけ、いきすぎた使い方をする団体のせいで、これほど素晴らしいホメオパシー自体が多くの方に誤解され潰されかねないところまで発展している今回の事態には本当に胸が痛みます。

私の勉強しているクラシカルホメオパシーの学校ISHLでは、2年生になりきちんとホメオパシーを理解するまでは、セルフケアキットの中から、家族へレメディを与えることさえ勝手にすることは禁止されています。(もちろん相談しながら慎重に対応すればOKですが)
それくらい、ホメオパシーとは本来難しいもので、それをレメディの販売目的で、
「副作用はないからじゃんじゃん取れ、薬は悪だ」という団体さんの姿勢は叩かれても仕方のないことだと思っています。

歯の痛みについて詳しい経緯をいろいろ書きたいところなのですが、なんと明日引っ越しで、今部屋の中はダンボールだらけあせあせ(飛び散る汗)


今回の歯痛の経緯や、息子の離乳食のことなど書きたいことはいっぱいなのですが、なかなか時間が取れなくて本当にごめんなさい。

コメントをいただいている皆さんも本当にありがとうございます。
一つ一つにお返事を書きたいところなのですが、そのままにしてあってごめんなさい。
嬉しい言葉をたくさんいただいてとても励みになっています。

まだしばらくは引っ越し後もバタバタしそうですが、落ち着いたらまた記事を書きたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いしますね。


良かったらポチッと応援クリック押していってくださいね!
  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
自然育児ブログランキングへ
posted by sako at 10:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。