2010年11月01日

我が家の離乳食奮闘記(初期&お出かけ編)

前回の離乳食の記事から、ずいぶん経ってしまってごめんなさい。

ゆっくりのんびりの、息子の離乳食奮闘記の続きです。

初期の頃は、ほんのちょっとしか食べてくれないので、少量の調理をどうするかにいつも頭を悩ませていました。

野菜の煮物や味噌汁など大人の料理から取り分けてすりつぶす・・・など、育児雑誌には載っていたりしますが、その為には大人の料理をかなりグズグズになるまで軟らかく煮込まなきゃいけなくて、そうすると大人のごはんが美味しくないんですよね。
離乳食後期ならともかく、初期〜中期の段階で取りわけって難しい。


おかゆは前回の記事の通り、1日分炊けばとりあえずOK。
問題は野菜のペーストをどうするか・・・。
まとめて作って冷凍すればいいのですが、すべて冷凍も味気ないし・・・。

自分で決めたことは、メインの野菜は毎日作ってあげて、その他のものは冷凍したものを利用するということ。

DSC_0884.jpg


この写真は、右がサツマイモのペースト(メインの野菜)。
左がおかゆに、小松菜&ブロッコリーのペーストとカボチャペースト(冷凍)。
いずれも、昆布だしで煮てミルサーでガーッと回したり裏ごししたりしています。
野菜ってほんの少しだけ塩をするとグッと甘みが引き出されるから、ごく少量のお塩も使っています。
(その方が息子の食べがいいのです)


煮る時は、あまり野菜を小さくサイの目とかに切ってしまうと、人参とか大根とか軟らかくなりにくいのです。
少し大きめサイズでひたすらコトコト。
圧力鍋を使ったりもしましたが、圧力鍋はいちいちフタをセットして、蒸気を抜いてなど面倒で、鍋本体も重たくて使ったり使わなかったり、結局普通の鍋や琺瑯でコトコト気長に煮ていました。
今思えばジオ(geo)の片手鍋をこの頃知っていれば〜!この鍋があったら、もっと早くもっと美味しく楽に調理できたのに〜と無念でなりません(TT)
(離乳食後期〜完了期の今はこの鍋のシリーズが大活躍しています。)


冷凍保存については、ラップにペーストを棒状に伸ばして、そのままラップでくるんでバッドに並べて棒状のまま冷凍。凍ったら適当な長さに折ってジップロックで保管しておきます。
こうしておくと、使いたい分だけポキンポキンと折って、上の写真のように熱々のおかゆに投入すると、おかゆも冷めていい感じ。



そして、この頃のお出かけは、おかゆを空き瓶に入れたり、野田琺瑯の容器に入れて持ち歩いていました。
(写真はサツマイモをトッピングしたもの。)

DSC_0846.jpg


琺瑯やガラス瓶は清潔だし、おかゆのこびりつきも洗うのが楽。
そのままでも食べさせられるけど、瓶に入れれば、出先で蓋を取って電子レンジで軽くチンしたり、実家に行った時などは、琺瑯の容器ごとガスで直火にかけて温めたりしていました。
ちなみに野田琺瑯の容器はシール蓋を最初は使っていましたが、やはりおかゆがベタベタに漏れてしまって大失敗。
容器ごとラップでくるんでビニールに包んで・・・と面倒なことをしていましたが、野田琺瑯専用の密閉蓋スクウェアSの密閉蓋付容器を見つけた時は感動ものでした。

離乳食って赤ちゃんが食べやすい水けを多く含んだものが多いので、この密閉蓋は本当に重宝しています。

この頃のメニューは、ひたすらなるべクセのない野菜。
人参、小松菜、ブロッコリー、カボチャ、サツマイモ、玉ねぎ、ジャガイモ、大根、カブなどなど。
でも、やっぱり冷凍した野菜は食べがイマイチでべーっと出す。
煮えたての野菜のペーストは食べるのに・・・
本当に息子の味覚が敏感で、嬉しいやら作るの大変で悲しいやら(苦笑)。

保健所の離乳食教室では、初期の段階からバターとか乳製品を使っていたけど、以前の記事の通り、いろいろな本を読んでいたので、我が家はまだ乳製品や卵は使わずゆっくりやっています。

こんな感じでやっていた離乳食初期ですが、息子は野菜少しとおかゆ大好きでパクパクよく食べていました。
前回の記事の通り、ミキサーのおかゆはダメで裏ごしのおかゆ。
裏ごしの段階はわずか数瞬間くらいで、試しに裏ごししていない10倍粥をそのまま出したら、こちらもよく食べる食べる。

ところが、ある日急におかゆの食べが悪くなって心配していました。
そんな頃に、友人の旦那さまで赤ちゃんの言葉が分かるという、特殊な能力を持った方とたまたまお会いして、その時翻訳してもらった息子の言葉が、

「もうおかゆは飽きちゃったんだよね」(byお友だちの旦那様訳)

えっ!?

「もっと噛みごたえのあるものが食べたいよ」(byお友だちの旦那様訳)

そして、試しにとお友だちからもらった玄米+ちりめんじゃこのおにぎりを

「ちょっと固いけどこっちの方が美味しい」(byお友だちの旦那様訳)
とモグモグ食べる息子。

え〜〜〜!!!???
頭の後ろをガーンと殴られたような衝撃の言葉。
息子は歯がほとんど生えていないから軟らかい方がいいんだろうとばかり思っていた私。固い玄米おにぎりを出しながらもむしゃむしゃ夢中になって食べる息子を見て、息子の成長に気付かずに同じものばかりを出し続けて反省。

その日から琺瑯容器に大人のごはんと水を入れて琺瑯容器でコトコト煮て軟飯を作ったらこちらの方がよく食べる。
野菜もペーストから舌で軟らかく押しつぶせるくらいの固さに変更。

わずか1ヶ月の間に息子の食はもう次の段階にステップアップしていました。
離乳食開始を遅らせた分、スタートしてからの成長は早い早い。
そして息子は物言わずともいろいろと感じていろいろ主張があるんだなぁ。
(あ〜お友だちの旦那様にまた翻訳してもらいたい。)


そんな息子の離乳食初期。
母乳だけの時期は食事に気をつけてさえいれば楽で離乳食は作るのは大変だけど、張り合いがあるし、笑顔で食べてくれた時は、すべての苦労が報われちゃうくらいなんとも言えず嬉しい。
食べることって生きること。
ただ、物質的に栄養を流し込むのではなく、息子や夫がいきいきとするようなごはんを作り続けたいです。


いつも応援クリック、嬉しいです!
  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
自然育児ブログランキングへ


※コメントを書いてくださった方、心からありがとうございます。
 ちゃんと全部読んでとても励みになっています。
 お返事を書けなくて本当にごめんなさい。
 家事や育児で時間のない中で、ご質問などへのお返事を書こうとするときちんと書かなきゃと思う性分なのですごく時間がかかってしまい、メインの記事を書く時間がなくなってしまうのです。
 なるべく質問がなく解決するように詳しく書き、なるべくこのブログを続けるように頑張りますのでこちらの身勝手をどうかお許しください。
タグ:離乳食 料理
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。