2011年03月26日

ツィッター始めました

ずっとブログを更新できなくて済みません。
未曾有の震災・津波・原発事故、、、被災地の方を思うと
もう言葉も出ないくらいの気持ちに押しつぶされそうになります。
そして、じわじわと私たちの生活を脅かす放射性物質。

そんな中、私なりに思うこといろいろあり、、、
パソコンになかなか向かえないのでツィッターにちょこちょこつぶやいています

sako315です。
http://twitter.com/sako315

たまに毒も吐くかもしれませんが、良かったらフォローしてくださいね。
さて、これから息子の保育園グッズ作りです。


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
自然育児ブログランキングへ

ラベル:ツィッター
posted by sako at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

東日本大震災と原発事故〜今私にできること〜

3月11日の午後。
日本全土が未曾有の地震に遭った時に、私は1歳10ヶ月になる息子を連れて新宿にいました。

電車を乗り継ぎ、久しぶりの都内で高島屋横のサザンテラスで電車好きの息子と電車ウォッチング。
その時に、経験したことのない揺れで立っていられなくなり、逃げることもできずに息子の頭を抱きその場にしゃがみこむのが精一杯でした。
橋の上にいたというものありますが、今思い返してもゾッとするような大きな揺れでした。

それから間もなく電車がすべて停止して、新宿に子どもと足止め。
家族とは、数時間後にかろうじてメールで連絡が取れて、ようやく動き始めた電車で帰途についたのは真夜中でした。

帰宅してから、ニュースで流れるあまりの悲惨さに胸がつぶれる思いです。
東北の方々には心よりお見舞い申し上げます。

それから数日、私はテレビに釘付けでした。
震災・津波で増え続ける犠牲者、各地での余震、福島原発での事故と計画停電、放射性物質の拡散の恐怖。
あまりにもたたみかけてくる情報の多さに恐怖を感じ、気付いたら米を買い求め、売り切れに更に焦っている自分。

でも、そんな軽いパニックになっている私を現実に引き戻してくれたのは息子でした。
息子がこの数日、ひどい夜泣き。
うなされながら、「グラグラしたね−、グラグラしたねー」と泣く息子。
最初は、地震を経験した恐怖がトラウマになっているのかと思いましたが、違う、これは私の不安が息子に伝染しているんだ、と思いテレビを消しました。
そしたら、まず私の心が穏やかになり、息子は普段通り絵本を読んでと持ってきたり、台所に「ジュージューするの」と言って台所に一緒に立ち、夜はぐっすり。

今思えば、テレビの津波の映像に「ママー、ブーブー、おふろ」、「おうちおふろ」と不思議そうに言っていた息子。
その幼い心にどれほどの影響を与えるかを気にせず、にテレビをつけっぱなしにして不安ばかり募らせていた自分に反省しました。
普段はほとんどテレビをつけずに子どもと穏やかな生活を送っていたはずなのに、ここ数日息子には可愛そうなことをしました。


震災からもう数日。
メディアからの情報は携帯の緊急地震速報と、夫や新聞からの情報でいい。
でも新聞の社説だって原発について書いてあることは各社で違う。ひとつの情報に惑わされない。
あとは、視野を広く持つためにメディアや新聞だけにとらわれず、気になることがあったら自分で調べる。

慌てない焦らない、流されない、パニックにならない。

子どもの心は親の鏡のよう。私がしっかりしないとと思いました。

九州の親戚が、東京近辺も放射能で危ないから母子だけでもこっちに避難しないかと連絡がありました。とても私や息子の身を案じてくれてありがたい言葉。
西に避難している人達の気持ちもものすごく分かります。
でも、私はお断りしました。

被災して家族と離ればなれになり、住む場所もなくし避難所で生活している方々。
必死に救助を続けている自衛隊の方々、
危険を承知で原発の抑止と拡散防止に全力を注いでいる方々、
被災地で頑張っているボランティアの方々、

そして・・・

新宿で地震に遭い帰れなくて子連れで立ち往生している時に、温かく受け入れてくれたデパートの方々。
食べものを分けてくれた高校生の女の子。
帰りの電車を並ぶぎゅうぎゅう詰めの列で息子を抱っこしていたら、ベビーカーや荷物を持ってくれたお姉さん。
行列で愚図る息子に励ましの言葉をかけて息子が列に潰されないように体を張ってガードしてくれた人達。
乗車してから自分もクタクタのはずなのに席を譲ってくれたお兄さん。

思い返すだけでも涙が出てくるほどありがたい。
皆、自分の役目、各々にできることで今支え合っています。
今、私が九州に行くよりも、今この場所で私にできることがあるはず。

まずは仕事で大ダメージを受けている夫を支え、息子を守らなくてはならい。
いつも通り、ごはんを作って、家を守らなくてはならない。
被災地の方々に、できる限りの支援もしたい。
4月から仕事復帰で、戻ったらその場でも何かできることはあるはず。

まだ、自分に何ができるか分からないけど、今はそんな心境です。

最後に・・・
このブログを読んでくださった方に、少しでもお役に立てば・・・
原発の放射性物質による汚染について、私なりに調べてみました。
テレビでの説明はよく分からないし、得体の知らないものを怖がるのは、お化けを怖がるのと一緒。
しっかりとした知識が必要だと感じました。

私なりに調べたり、友人から紹介され、とても勇気づけられたサイトを紹介します。
ネットでの情報はガセかもしれないと主人には言われましたが、テレビでの情報に疑いを持っている人も多いはず。
自分の感覚を信じ、自分が信じる情報を選び取って自分を家族を守ってください。


■原発 緊急情報→http://takedanet.com/
 放射性物質がどのようにどこまで届くのか非常に分かりやすい。おすすめ。

■緊急重要メッセージ!原発事故による放射能汚染から、身を守る可能性を高めるために、すぐにできることを実行しよう!
http://otsukako.livedoor.biz/
今回の、原発と原爆とは放射性物質の量も程度も比較にならないとは思いますが、食べものからでもできることはあることを知り勇気が出ました。

■原発がどんなものか知ってほしい→ http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html
今回の原発事故、私たちが本当に原発が必要なのか、便利さと引き替えに何を犠牲にしてきたのか今一度考える必要があると思います。

今、私にできること、少しずつ実践していきたいと思います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。