2009年12月31日

赤ちゃん連れの旅行で役だったもの

やっと、九州から帰ってきました。

しばらく更新が滞ってしまってすみません。
親戚の家でも、久しぶりに会った従姉達と話したり
子供達と遊んだりしていて、結局記事を書けませんでしたね。

とりあえず母子共々無事に帰ってきました。
昨日は疲れ果てて、息子とひたすら寝ていました(笑)。


洗濯が間に合わなかったらどうしようと25枚と多めに持っていった
布おむつは、神がかり的な!?息子のトイレ成功率で、一日3〜5枚程度
の洗濯で済みました。
洗濯機も貸してもらえたのですが、枚数が少なかったので、
お風呂の時にジャブジャブ手洗いして、しぼって部屋に干したら
翌日には乾き、大量におむつ必要なかったと後悔あせあせ(飛び散る汗)

空港には身障者用のトイレもたくさんあったし、行きの飛行機の中でも
2回ほどオシッコして、道中はほとんどおむつを濡らすことはありませんでした。
飛行機の中のトイレって、狭いけどおむつ交換台が出せるようになっていて
そこで服やおむつを外してから、台をたたんでトイレに抱えてトイレさせる
ことができました(ちなみに全日空です)。

途中の移動や授乳にA-issoのスリングが大活躍!
授乳服は愛用のモーハウス(MO-HOUSE)のもの。
飛行機内では気圧で耳がツーンとなるらしく、息子は耳をおさえながら
頻繁におっぱいを欲しがったので隣の席が男性でも気付かれずに
ちょくちょく授乳できました。

20091224(003).jpg

この写真、授乳中には見えないですよね!
授乳服だと、子どもがグズりだしてもどこでもすぐに授乳できて
授乳室で足止めすることもなく移動中に授乳できるので時間のロスが
ありません。

授乳用ケープだと、いかにもこれから授乳しますって感じで
注目浴びちゃうし、他のメーカーの授乳服だと胸もとは開くけど
服の形状が変わっちゃうので気付かれちゃうものが多い・・・。
だけど、モーハウスの授乳服は誰にも気付かれずに授乳できるように
工夫されていて本当に素晴らしいです。
授乳後も着るつもりで、気に入ったデザインのものだけ購入しています。


ちなみに、旅行中息子のぷーちゃんは、オシッコが出そうになると
泣きそうな声を出したり、モゾモゾして知らせてくれたので、
「もうこれはおむつ卒業か・・・?ぴかぴか(新しい)
と思ったのもつかの間。

家に帰ってきたら途端にニコニコ笑いながらおむつを濡らしまくり、
パーフェクトに出していたサインはまったく出さず・・・。


九州でもずっと親戚に囲まれて機嫌は良かったのですが、
家に帰ったら何とも言えずほっとした顔をしながら家の中を這い回り
自分のおもちゃをひとつずつ確かめるように遊んでいて、きっと
滞在先で彼なりに緊張して気を遣っていたんだなぁと痛感しました。


まぁ、家でおむつを濡らしちゃう安心感というのもいいかなぁと
思って、お正月用の八頭を煮ながら、おむつやら旅行後の大量の洗濯を
しています。

そうそう、旅行に持っていったロゴス(LOGOS)のふた付きバケツが、折りたためて
ぺったんこになるので、汚れ物を放りこんだり、布おむつのつけ置き
洗濯に使ったり大助かりでした。

20091226(001)-001.jpg

いろいろ旅先であったこと、帰ってきてからの出来事など
書きたいことはたくさんあるのですが、今日は大晦日で料理や
片づけなどやることが山積みなので、また次回にでも・・・。


皆さん良いお年をお迎えくださいね。



今年もありがとうございました。
来年もがんばるので、ぽちっと応援クリックお願いします!

  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。