2010年06月05日

スリングの上手な使い方とコツ(応用編)

最近、乳腺炎になってしまい、しばらくブログを放置してしまいました。(乳腺炎の経緯についてはまた次回・・・)

スリングの使い方とコツについて、前回の記事の応用編をUPしなければと思いつつ、大変長らくお待たせしてしまって本当にごめんなさい。

今回はスリングを使った授乳についてまとめてみました。

1.基本の抱き方についての補足
片足を入れる方法については前回の記事に詳しく書きましたが、ポーチに入れる際のコツは、この写真をご参考にしてください。

DSC_1014.jpg

(左肩にリングがくる場合の方法)
赤ちゃんをげっぷさせるように右肩にかついで、ママの左手を赤ちゃんの右膝の外側からポーチ中に手を入れて(赤ちゃんのリング側の右足をポーチの下レールから外に出し)、ポーチの下レールで赤ちゃんのお尻を包みます。
次にママの左手(ピンクで表示)を写真のようにポーチの中に入れて、赤ちゃんのお尻と左足を支えます。この時にママの左手の指先で赤ちゃんの左膝の裏を支えながら足をママの右脇腹に沿うように伸ばすのがポイント。
その状態で黄色の矢印の方向にスリングのポーチを赤ちゃんの首もとまでグッと引き上げてから、赤ちゃんをママの肩からポーチの中に下ろします。

テールを引いて調整する方法は前回の記事をご覧になっていただければと思いますが、もしも
「テールを強く引いても引けない!?」
という場合は、この写真のようにリングの布をちょっとだけ引っぱり出して指で重なりをほどくとスムーズに引けるようになる場合が多いです。

DSC_1059.jpg

2.授乳の方法について
@まず落ち着いて座れる場所を探します(慣れれば歩きながらでも授乳できます♪)
基本の縦抱き(寄り添い抱き)だと、授乳するには赤ちゃんの頭の位置が高すぎるので、リングを持ち上げながら赤ちゃんのお尻を支えて、赤ちゃんの重みで、授乳にちょうど良い高さまで赤ちゃんの位置を下方にずらします。

DSC_1017.jpg

A授乳する時の服は、ボタンシャツやカーディガンなど前開きがお勧め。
おっぱいの位置だけボタンを外して、インナーはモーハウスの穴あきシャツ等があると便利ですが、使わなくなったTシャツの乳首の位置に縦スリットにハサミを入れたものもインナーとして私は使っています。

下着はクロスオープンのブラ等が片手でサッと出し入れできるのでお勧めです。

DSC_1021.jpg

ただいま授乳中〜るんるん

近くで見てもおっぱいの先しか出していないので他の人には気づかれにくいし、スリングの首もとの布をひっぱりあげれば電車の中だって授乳できます。

前開きの服でない時は、座った状態で、スリングの中から裾をまくり上げて授乳します。お腹が出てもスリングでほとんど隠れるので授乳は可能なのですが、まくり上げているのにもたついて赤ちゃんがグズってしまい、かえって注目をあびてしまうことも・・・。
そんなときやっぱり授乳服はいいです。
授乳服はいろいろなメーカーのものを買いましたが、モーハウスの授乳服は、価格は高めでも、授乳のしやすさ、着心地、デザイン、耐久性とナンバーワンで、一枚持っていると本当に心強いです。

Bリング側のおっぱいで授乳する場合
スリングだとどうしても、リングと反対側のおっぱいが授乳しやすいのですが、リング側のおっぱいで授乳する場合は、この写真のように↓

DSC_1017.jpg

リングを持って、赤ちゃんのお尻に手をあて、赤ちゃんを持ち上げながら赤ちゃんの頭がリング側のおっぱいの前に来るように、リングとお尻を支えている手を同時に動かして、横に移動します。
(リング側に移動すると赤ちゃんの頭の位置が上がってしまうので、リングを持ち上げて更に赤ちゃんの位置を下げて調整するといいでしょう)

DSC_1026.jpg

今度は左のおっぱいで授乳中〜るんるん

スリングのお陰で、ボタンを外した服の開口部が見えないので、授乳しているようには見えないですよね?

公共の場で授乳するコツは、とにかく素早く赤ちゃんがグズる前に授乳することです。
赤ちゃんが大泣きしてからだと、注目をあびてしまうので、胸元を出しにくくなってしまいます。

赤ちゃんがスリングの中でおっぱいを欲しそうにモゾモゾ、クスンクスンし始めたら、座ったままスリングの中に片手を入れさりげなくサッと胸の先だけ出して赤ちゃんに飲ませます。
この時、赤ちゃんの頭やスリングのレール布で周囲から見えないようにしながら、ママの目線は胸元を見ないでやるのがポイント。

C飲ませ終わったら・・・
飲ませ終わって、また抱っこで移動する時、赤ちゃんの位置を定位置に戻さないと、下がったままでは重たくてママの肩が痛くなってしまいます。
この時にテール布ばかり引っぱっても赤ちゃんの重みで上がりにくいし、赤ちゃんが斜めに上がってしまいます。

DSC_1029.jpg

上の写真のように、まずピンクの矢印のように、赤ちゃんを高い位置(赤ちゃんのお尻がママのおへその位置くらい)に持ち上げてから、黄色の矢印のように、余った布をリング側にたくし寄せます。

DSC_1033.jpg

あとは、そのままテール布を引けば、赤ちゃんの位置を上手に戻すことができます。

ただし、一度下げてしまうと、きれいに高い位置に戻すのは難しいので、一度赤ちゃんをポーチから出して、スリングを十分にしぼってから入れ直す場合もあります。
(赤ちゃんの月齢が上がると、自分で下を向いてママのおっぱいを飲んでくれるので、大きくスリングを下げなくても良くなってきます。)


A-isso(あいそ)のスリングとモーハウス(Mo-House)の授乳服って、私がいろいろ試した育児グッズの中で一番良かったかもしれません。

スリングで授乳できるようになると、授乳室を探さなくても電車での移動時間を有効に使えたり、お友だちと会っている時に男性がいても席を立たずに、話しながら授乳ができるので、それまで家に閉じこもってばかりだったのが、お出かけが楽しくてどんどん自由になれる感じです。

息子も欲しい時に、すぐにおっぱいがもらえて、ぴったりと密着して安心みたいで、ご機嫌でよく寝てくれます。
だから、講演会やセミナー、レストランなど息子が小さい頃は特に色々と出かけることができました。


一時期、テレビで「抱っこひも・スリングでケガ」というニュースがありましたが、親が前屈みになった時に子どもが滑り落ちてケガをしたとか、スリングの中で赤ちゃんが窒息しそうになった等、正しく使っていれば起きそうもない事故ばかり。

先日も、助産院で産んだママ達の集まりで、
「ちゃんと使えばあんな事故ありえないよね」
「あんなに強調して報道することないよね〜」
と話が盛り上がり、こんなにいいものなのに、これでスリングを使う人が減ってしまうのは本当に残念なこと・・・というのがスリング愛用ママ達の共通した見解でした。

スリングって使うのが難しいとおっしゃる方が多いのですが、もしこの記事が少しでもお役に立てば幸いです。


いつも応援してくださって本当にありがとうございます。
今日も良かったら、ポチッと応援クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
自然育児ブログランキングへ

posted by sako at 11:01| Comment(4) | TrackBack(0) | ベビー・育児グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
応用編ありがとうございます。とても楽しみにしてました♪
結構ささやかなことが分からないもので、テールが引けない時の布の調整や、
授乳後のスリングの戻し方は参考になります。
一度電車内で授乳したことがありますが、
授乳ケープをつけてたので授乳しているのがバレバレでした。
これならいけますね☆

そして7ヶ月になった娘が今日39度の発熱!
お風呂どうしようかなとか、病院どうしようと思ってましたが、
sakoさんのブログ読んで一旦私の心を落ち着けて、今寝かしつけたところです。
娘のことをしっかり観察しながらしばし様子を見ます。

Posted by ちまき at 2010年06月06日 18:55
ちまきさん
ずっと待っていただいていたのに、遅くなってしまって本当にごめんなさい。
少しでもお役に立ったでしょうか?
また分からないことがありましたら遠慮なく聞いてくださいね♪

娘さん、発熱中なんですね。
でもちまきさん、しっかり落ち着いていますね。
きっと娘さん、熱を出しながら体を治そうとがんばっている最中ですね。私も陰ながら応援しています。
赤ちゃんが体調崩している時って、ママも疲れている場合が多いので、ちまきさんも看病疲れしないように娘さん共々お大事にしてくださいね。
Posted by sako at 2010年06月06日 21:56
sakoさん、はじめまして。いつも読ませていただいてます。私は4ヶ月の娘がおり、布オムツやおむつなし育児をはじめるにあたって、sakoさんのブログが一番参考になりました。ありがとうございます!乳腺炎大丈夫ですか?たいへんでしたね。経緯についてもぜひお聞きしたいです。
それから、sakoさんのご意見を参考におんぶリンを購入したのですが、脇の下を通している紐が乳腺を締め付けているのではないかと心配になってしまったのですが、装着の仕方が悪いだけなのか、、私だけでしょうか。。今回買って正解だったとおっしゃっていたスリングも欲しいなぁと思っているのですが。なんて長々とスミマセン。
Posted by kinu at 2010年06月12日 23:44
kinuさん
はじめまして!コメントありがとうございます。
このブログが参考になったとのコメント、とっても嬉しいです。

おんぶリンは、確かに胸の上にひもが来ますが、私は結び目が当たって痛い時はタオルを入れています。特におんぶリンが原因でおっぱいのトラブルになったことがないのですが、やはり赤ちゃんが寝たら下ろしてママの体を休めるのは基本です。あと、肩布も結ぶ紐もなるべく広げて使うのが痛くならないコツです。あと、おんぶの位置を高くしてみると重さのかかる場所が変わって少し楽になるかもしれません。
また、サイズが大きめで届いてしまうことが多いみたいなので、合わないようでしたらジャストサイズに調整してもらうといいですよ。

スリングもお勧めです!A-issoさんは、使ってみてダメなら返品も可能だし、使いにくい時のアフターフォローもバッチリなので、ぜひお試ししてみてくださいね!

がんばって更新していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします(^^)
Posted by sako at 2010年06月13日 13:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。