2010年11月01日

我が家の離乳食奮闘記(初期&お出かけ編)

前回の離乳食の記事から、ずいぶん経ってしまってごめんなさい。

ゆっくりのんびりの、息子の離乳食奮闘記の続きです。

初期の頃は、ほんのちょっとしか食べてくれないので、少量の調理をどうするかにいつも頭を悩ませていました。

野菜の煮物や味噌汁など大人の料理から取り分けてすりつぶす・・・など、育児雑誌には載っていたりしますが、その為には大人の料理をかなりグズグズになるまで軟らかく煮込まなきゃいけなくて、そうすると大人のごはんが美味しくないんですよね。
離乳食後期ならともかく、初期〜中期の段階で取りわけって難しい。


おかゆは前回の記事の通り、1日分炊けばとりあえずOK。
問題は野菜のペーストをどうするか・・・。
まとめて作って冷凍すればいいのですが、すべて冷凍も味気ないし・・・。

自分で決めたことは、メインの野菜は毎日作ってあげて、その他のものは冷凍したものを利用するということ。

DSC_0884.jpg


この写真は、右がサツマイモのペースト(メインの野菜)。
左がおかゆに、小松菜&ブロッコリーのペーストとカボチャペースト(冷凍)。
いずれも、昆布だしで煮てミルサーでガーッと回したり裏ごししたりしています。
野菜ってほんの少しだけ塩をするとグッと甘みが引き出されるから、ごく少量のお塩も使っています。
(その方が息子の食べがいいのです)


煮る時は、あまり野菜を小さくサイの目とかに切ってしまうと、人参とか大根とか軟らかくなりにくいのです。
少し大きめサイズでひたすらコトコト。
圧力鍋を使ったりもしましたが、圧力鍋はいちいちフタをセットして、蒸気を抜いてなど面倒で、鍋本体も重たくて使ったり使わなかったり、結局普通の鍋や琺瑯でコトコト気長に煮ていました。
今思えばジオ(geo)の片手鍋をこの頃知っていれば〜!この鍋があったら、もっと早くもっと美味しく楽に調理できたのに〜と無念でなりません(TT)
(離乳食後期〜完了期の今はこの鍋のシリーズが大活躍しています。)


冷凍保存については、ラップにペーストを棒状に伸ばして、そのままラップでくるんでバッドに並べて棒状のまま冷凍。凍ったら適当な長さに折ってジップロックで保管しておきます。
こうしておくと、使いたい分だけポキンポキンと折って、上の写真のように熱々のおかゆに投入すると、おかゆも冷めていい感じ。



そして、この頃のお出かけは、おかゆを空き瓶に入れたり、野田琺瑯の容器に入れて持ち歩いていました。
(写真はサツマイモをトッピングしたもの。)

DSC_0846.jpg


琺瑯やガラス瓶は清潔だし、おかゆのこびりつきも洗うのが楽。
そのままでも食べさせられるけど、瓶に入れれば、出先で蓋を取って電子レンジで軽くチンしたり、実家に行った時などは、琺瑯の容器ごとガスで直火にかけて温めたりしていました。
ちなみに野田琺瑯の容器はシール蓋を最初は使っていましたが、やはりおかゆがベタベタに漏れてしまって大失敗。
容器ごとラップでくるんでビニールに包んで・・・と面倒なことをしていましたが、野田琺瑯専用の密閉蓋スクウェアSの密閉蓋付容器を見つけた時は感動ものでした。

離乳食って赤ちゃんが食べやすい水けを多く含んだものが多いので、この密閉蓋は本当に重宝しています。

この頃のメニューは、ひたすらなるべクセのない野菜。
人参、小松菜、ブロッコリー、カボチャ、サツマイモ、玉ねぎ、ジャガイモ、大根、カブなどなど。
でも、やっぱり冷凍した野菜は食べがイマイチでべーっと出す。
煮えたての野菜のペーストは食べるのに・・・
本当に息子の味覚が敏感で、嬉しいやら作るの大変で悲しいやら(苦笑)。

保健所の離乳食教室では、初期の段階からバターとか乳製品を使っていたけど、以前の記事の通り、いろいろな本を読んでいたので、我が家はまだ乳製品や卵は使わずゆっくりやっています。

こんな感じでやっていた離乳食初期ですが、息子は野菜少しとおかゆ大好きでパクパクよく食べていました。
前回の記事の通り、ミキサーのおかゆはダメで裏ごしのおかゆ。
裏ごしの段階はわずか数瞬間くらいで、試しに裏ごししていない10倍粥をそのまま出したら、こちらもよく食べる食べる。

ところが、ある日急におかゆの食べが悪くなって心配していました。
そんな頃に、友人の旦那さまで赤ちゃんの言葉が分かるという、特殊な能力を持った方とたまたまお会いして、その時翻訳してもらった息子の言葉が、

「もうおかゆは飽きちゃったんだよね」(byお友だちの旦那様訳)

えっ!?

「もっと噛みごたえのあるものが食べたいよ」(byお友だちの旦那様訳)

そして、試しにとお友だちからもらった玄米+ちりめんじゃこのおにぎりを

「ちょっと固いけどこっちの方が美味しい」(byお友だちの旦那様訳)
とモグモグ食べる息子。

え〜〜〜!!!???
頭の後ろをガーンと殴られたような衝撃の言葉。
息子は歯がほとんど生えていないから軟らかい方がいいんだろうとばかり思っていた私。固い玄米おにぎりを出しながらもむしゃむしゃ夢中になって食べる息子を見て、息子の成長に気付かずに同じものばかりを出し続けて反省。

その日から琺瑯容器に大人のごはんと水を入れて琺瑯容器でコトコト煮て軟飯を作ったらこちらの方がよく食べる。
野菜もペーストから舌で軟らかく押しつぶせるくらいの固さに変更。

わずか1ヶ月の間に息子の食はもう次の段階にステップアップしていました。
離乳食開始を遅らせた分、スタートしてからの成長は早い早い。
そして息子は物言わずともいろいろと感じていろいろ主張があるんだなぁ。
(あ〜お友だちの旦那様にまた翻訳してもらいたい。)


そんな息子の離乳食初期。
母乳だけの時期は食事に気をつけてさえいれば楽で離乳食は作るのは大変だけど、張り合いがあるし、笑顔で食べてくれた時は、すべての苦労が報われちゃうくらいなんとも言えず嬉しい。
食べることって生きること。
ただ、物質的に栄養を流し込むのではなく、息子や夫がいきいきとするようなごはんを作り続けたいです。


いつも応援クリック、嬉しいです!
  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
自然育児ブログランキングへ


※コメントを書いてくださった方、心からありがとうございます。
 ちゃんと全部読んでとても励みになっています。
 お返事を書けなくて本当にごめんなさい。
 家事や育児で時間のない中で、ご質問などへのお返事を書こうとするときちんと書かなきゃと思う性分なのですごく時間がかかってしまい、メインの記事を書く時間がなくなってしまうのです。
 なるべく質問がなく解決するように詳しく書き、なるべくこのブログを続けるように頑張りますのでこちらの身勝手をどうかお許しください。
タグ:離乳食 料理

2010年10月04日

引っ越してから1ヶ月

なかなかブログを更新できなくてすみません。

新しい場所に引っ越して1ヶ月・・・。
引っ越してから、夫は仕事に忙殺されていて、帰宅が連日深夜で休日も少ない状況。
おまけに最近、1歳5ヶ月になる息子の後追いがすごくて、台所をしていても絵本やおもちゃを持ってきては「相手してよ」というアピール、要求に応えてやらないと私の足にすがりついて号泣→だから適度に相手したり、時には大泣きさせながら家事をしたりする毎日。

そして息子くん、日中は帽子や靴を取り出して、外に連れて行けコール。
だから毎日公園ざんまい。息子が楽しそうなのはいいけど、家のことはもちろんできない。
息子にしてみれば、大好きなお友だちのいた保育園をやめて、ひたすら私と二人っきりの日々。引っ越して数日は、保育園を恋しがり何度も冷凍庫から冷凍母乳を取り出し保育園バッグに入れようとして、見ていて切なくなりました。
1歳をすぎたら集団欲が出てくるという前の園長先生の言葉が、ずしりと胸に響きます。

でも、段ボールの片付けやら家のメンテナンスやら、いろいろやらなくてはならないのに、一人じゃ何も進まない状況で、息子に食べさせて、外遊びさせて、お風呂入れて、寝かしつけて、(未だに2〜3時間間隔で)夜中に起きる息子をトイレに連れて行き、おっぱいをあげて、合間に最低限の家事をするので手一杯。

更に息子がおむつを嫌がり自分で取ってしまうようになったので、今は家でほとんどパンツとズボンで過ごさせています。
もちろん失敗しまくりなので、毎回びしょびしょで床掃除と布おむつだけの時よりもさらに増えた大量の洗濯物。

でも、ちょっと嬉しいのは、息子が一日に何回かは「チー」と教え、トイレに連れて行くとおしっこをしてくれるようになったこと。
洗濯物を少しでも減らしたくて、温かい日は下半身をパンツだけにしてみたりしたのですが、息子は足が濡れるのが嫌で、上手に大股開きして両手を前について、パンツの全面だけちょっと濡らして、ちーっと犬みたいにおしっこして遊び回って一向に教える気配なし。
ズボンをはかせると、どうしてもお尻がぐっしょり濡れたり、足におしっこがつたわる感覚が嫌みたいで、教えてくれるようになってきた。
やっぱり洗濯や掃除は大変でも、足までだだ漏れするのを体感させないとダメらしい。

そんな引っ越し先での毎日を過ごしていたらあっという間に1ヶ月でした。

我が家が以前住んでいた場所は、夫の仕事の都合で東京の都心部でしたが、今はちょっと田舎に移り都心に出るには時間はかかるけど、その分、子育てには環境の良い場所で暮らしています。


かつての都心の生活と今の生活を比較すると、何が一番違うかというと、「情報量」だと思う。
例えば、買い物。
都心にいた頃は、ネットで時間をかけて探さなくても、東急ハンズに自転車でパッと出かけたら、欲しかった物がたくさんの物の候補の中から手に取り比較できたり、大きな本屋にすぐに行けたり、渋谷で好きなメーカーの本店の品揃えの中から選べたり・・・。
都心にいれば、そんなショップをハシゴしながら見て回れる。
アクセスが速いということは、その分多くの情報を得られる。

子育てに関する講習会も都内だったらいっぱいある。
自然育児を実践している人達の集まる自主保育の会もあったり、自然育児系の保育園もあり、そこで出会う人達からの情報もまた素晴らしい。
きちんとごはんを作ったり、布おむつだったり、母乳だったり、どろんこでのびのびと子育てしたかったり・・・という同じ価値観を持った人達に出会えるのって、今の時代そう簡単ではないけれど、以前住んでいた場所では、講習会の場や自主保育の場がある分、そんな出会いがたくさんありました。

今度の引っ越し先は、夫の実家から徒歩10分以内の距離で、夫の親戚一同近くに住んでいて、私にしてみれば完全なアウェイへの引っ越し。
夫の両親も、親戚の人達もとてもいい人達だけど、やっぱり気は遣う。
前の家は実母が時々来てくれたけど、今の場所はそうもいかず。
引っ越してきたばかりで、ママ友もいなくて、夫も帰宅が深夜で、息子と以外誰ともしゃべっていない日が続き、気付くと涙が出たりして、ちょっと鬱になりかけていました。

でも、夫も少ない時間の中でフォローしてくれたり、夫の両親が助けてくれたりして、最近ちょっとずつ元気になってきました。

移り住んだ家は、かつて夫の祖父母が住んでいた一戸建てでずっと空き家だった家。
狭いマンション暮らしから、古いながらも広くて(その分メンテナンスも大変だけど)、ちょっとした庭もあり、賃貸だけど子育てにはとてもいい家です。

この土地に住んでみて感じたことは、都会っていいことばかりではない。
家賃は高いし、空気は悪いし、ヒートアイランドで暑いし、近所づきあいは希薄で、自分から動いて外に出ないと「孤育て」になりがち。

でもこの場所は環境が良く、何より息子のおじいちゃんおばあちゃんが近くにいて近所のコミュニティがある。
息子の祖父母はちょくちょく家に来て、息子を本当に可愛がってくれるし、近所のおばあちゃん達は、いつも息子に声をかけてくれて、地域のお祭りの参加についてや、ゴミ出しの仕方まで教えてくれる。
マンションの隣とさえほとんど付き合いがなかった私にとって、回覧板が回ってくるのさえとても新鮮。
この親戚や近所付き合いを、有り難いと思うか、うざったいと思うかは人それぞれでしょうけど、私は子育てする身としては本当にありがたいと思っています。
子育てって周囲の人達と関わりながらじゃないと絶対に無理だなぁと痛感しています。

少し家のことが落ち着いてこれから、どんどん外に出て行けば、きっと地域で価値観の合うママ友もできるでしょう。

少し田舎になったけれど、情報過多気味でパンク気味だった頭をリセットして、子育てや家を手入れする楽しみをもう一度見直してみようと思う日々。
引っ越して、失ったもの得たもの、メリット・デメリットそれらを受け入れながら暮らしていけばいずれは「住めば都」になるのかもしれない。

近況報告で長くなりましたが、読んでくださってありがとうございます。
とりあえず元気でやっています。


ポチッと応援してくださると嬉しいです!
  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
自然育児ブログランキングへ
posted by sako at 08:39| Comment(3) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

原因不明の歯痛とホメオパシー

長らくブログを放置してしまってすみません。
実は最近までずっと体調を崩していていました。

前回記事を書いた、8月の上旬頃から、原因不明の歯痛に悩まされて眠れない日が続きました。
母乳を続けているので、薬を飲みたくなかったのですが、気の狂いそうな痛みに耐えられず、飲んだ鎮痛剤はまったく効かず、歯科医も首をひねり、20日以上も苦しんで整体、冷えとり、クレイセラピー・・・その他いろいろな療法を試しましたが、どれもその場しのぎで根治には至らず。

結果的に自分でキットの中から選び出したレメディが、劇的に効いて、口に入れた瞬間から20日以上も続いていた痛みが消えて、楽になりました。
現在はレメディを取り始めて2日程度で、もうレメディを必要としなくなるほど、楽になり、今は元気に日常生活を送ることができています。
一時は抜歯や断乳も頭をよぎりましたが、ホメオパシーのお陰で再発することもなく速やかに穏やかに根本から治癒していきました。

これだけ報道でホメオパシーが叩かれていますが、やはり何をしてもダメだった痛みがたった一粒のレメディでこれだけ救われるのを体感すると、ホメオパシー自体はこんな素晴らしいものだと改めて痛感します。
そして、同時に、医療を遠ざけ、いきすぎた使い方をする団体のせいで、これほど素晴らしいホメオパシー自体が多くの方に誤解され潰されかねないところまで発展している今回の事態には本当に胸が痛みます。

私の勉強しているクラシカルホメオパシーの学校ISHLでは、2年生になりきちんとホメオパシーを理解するまでは、セルフケアキットの中から、家族へレメディを与えることさえ勝手にすることは禁止されています。(もちろん相談しながら慎重に対応すればOKですが)
それくらい、ホメオパシーとは本来難しいもので、それをレメディの販売目的で、
「副作用はないからじゃんじゃん取れ、薬は悪だ」という団体さんの姿勢は叩かれても仕方のないことだと思っています。

歯の痛みについて詳しい経緯をいろいろ書きたいところなのですが、なんと明日引っ越しで、今部屋の中はダンボールだらけあせあせ(飛び散る汗)


今回の歯痛の経緯や、息子の離乳食のことなど書きたいことはいっぱいなのですが、なかなか時間が取れなくて本当にごめんなさい。

コメントをいただいている皆さんも本当にありがとうございます。
一つ一つにお返事を書きたいところなのですが、そのままにしてあってごめんなさい。
嬉しい言葉をたくさんいただいてとても励みになっています。

まだしばらくは引っ越し後もバタバタしそうですが、落ち着いたらまた記事を書きたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いしますね。


良かったらポチッと応援クリック押していってくださいね!
  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
自然育児ブログランキングへ
posted by sako at 10:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。