2010年06月22日

乳腺炎になった原因・育児の理想と現実

5月〜6月は木の芽時から入梅にかけて、昔から体調を崩しやすいと言われていますが、私も例外に漏れず・・・。
ちょっと前になりますが、5月末から6月頭にかけて乳腺炎になり、しんどい思いをしていました。


授乳のたびに左胸だけビリビリ痛むなぁと思っていて、気がついたら石のようにコチコチになってしまった私のおっぱい。
いつも上からしか見ていなかったので、気づかなかったけど乳頭の下部分に白ニキビのような白斑ができてしまい、乳管がそこで詰まっているのは明らかでしたが、押しても出ないし激痛。
そのうちに、体が熱っぽくなり怠くてしんどくて何もできない状況に。

私の症状の場合、ホメオパシーのレメディのBryonia(ブライオニア)が合っていたようで、レメディを摂り、翌日になると胸の張りが治まりましたが、時間が経つと元通りにカチカチになり根本治癒までいかないので、耐えられず出産した助産院の院長さんにSOSの電話。

「明日来れる?」と言われ、電車で1時間の道のりでしたが、「行きます」と即答。
翌日、里帰り出産の時にお世話になった助産院にたどり着きました。
院長先生は一目見るなり
「これはひどいね〜、痛かったよね〜、つらかったよね〜」
と言ってくれて、なんだか涙が出そうになりました。


「原因は疲れね」

と院長先生から鋭く指摘されました。

思い当たることは保育園に息子を通わせるようになったこと。
自然育児系のいい保育園に預けられると安易に喜んでいたのですが、甘かった。

確かに素晴らしい保育園なのですが、そこに通わせたいがために片道自転車で20分の道のり。

ちょっとくらい遠くてもと思っていましたが、毎日のこと。
朝送って、家に戻って、また迎えに行って、息子を連れて帰宅。これだけで片道20分×4回=1時間20分。
しかも最初の頃は息子が私から離れるとずっと泣いていて、慣らしの短時間保育の期間が長かったから、預けたと思ったらもうすぐにお迎えの時間で、往復の自転車だけでかなり消耗しました。

そして、預ける準備の大変さ。
その保育園は、0歳でもおむつはせずに、パンツとズボンで赤ちゃんの股ぐりをすっきりさせて、いっぱい運動させて、オシッコしたら毎回着替えさせて濡れた感覚を養ってくれる方針。自然にのびのびと遊ばせるために、どろんこ遊び、水遊び、手づかみ食べをさせて、汚れるたびにじゃんじゃんお着替え。そんな園の方針は息子のために本当に有りがたいと思うのですが、洗濯物の山・山・山・・・。
大量の洗濯物を毎回洗って干して、たたんで、よだれかけやタオルと揃えて園に毎回届けるのは、慣れるまでは(今も)大変。

そして連絡帳書き。
大学ノートにびっしり書いてくれる先生から、
「お休みの日の様子も全部書いてくださいね」と言われるのは、息子を丁寧に見てくれる姿勢が伝わってきて嬉しいし、成長記録にもなるし良いことだと思うのですが、これもそれなりにちょっとした時間を取ります。

さらに毎日の搾乳。
これが一番大変で乳腺を痛めた原因にもなりました。
私のやり方が悪くて、最初は1時間かかっても少ししか搾れなくて、搾乳量が増えないから短時間しか預けられなくて、息子も園であまり食べず、よく泣いていて、やっと搾った冷凍母乳も拒否して飲まずに無駄にしてしまう期間が1ヶ月近くも続きました。

「私はお腹をすかせた息子を泣かせて、自分がヘトヘトになって何のために保育園に預けているの?」
と泣きそうになりました。

息子の担任の先生も、気を遣ってくださって、ミルクにしてもいいんですよと言ってくれたのですが、なんだかそこだけは譲れなくて、強がって
「搾乳量が増えなかったら短時間でお迎え構いませんから」
とか言って、ただひたすら搾乳し続けました。

そんな保育園生活に慣れるまでの時期に平行して、引っ越しのための物件探しをして、週に1〜2回は息子を園に預けて、その日は搾乳せずに不動産屋めぐりとかしていたものだから、これがまたいけなかったのです。

もともとおっぱいの出はそんなに良い方ではない私の乳腺は、頻回授乳でやっと保っていたのに、保育園に預けて授乳間隔が空いてしまった事に加えて、その日の都合で不規則に搾乳したりしなかったり・・・。
そして疲れもピークで、食事をいくら気をつけていても乳腺炎になってしまったのは当然の結果でした。


私はどうしても理想が先走って頭でっかちになってしまうところがあり、譲れないものがいっぱいあって、普段は意識していないのですが、この前、母が来た時に、家のことを手伝ってくれて、

「お前の家のことは、なんでもちょっとずつ手間がかかることばかりだね」
と言っていました。

確かにそうかもしれない。

ペットボトルを一切買わずに、お茶を煮出して水筒を持ち歩いたり、
粉石けんを使って洗濯をしていたり、
毎回玄米を精米してお米を炊いていたり、
出汁をひいて料理を作ったり
お風呂の残り水を洗濯物に利用したり、
外出時も弁当を買わずに、作って持っていったり
布ナプキンを使っていたり
冷えとり重ね履き靴下を夫と私の分を洗濯したり
電子レンジをなるべく使わずに鍋や蒸籠で温めたり
重曹やクエン酸でお掃除したり・・・

どれも、やってみたら美味しかったり気持ち良いことから好んでやっていることばかりだけど、母の指摘通り、みんなちょっとずつ手間と時間のかかることで、市販品で早く便利にできることってたくさんある。


そんな私のちょっと手間のかかる生活のベースに、どかんと育児が乗っかって、毎日疲れ果てて、家の中に洋服や物が散乱したまま、息子を寝かしつけて深夜の夫の帰宅まで一緒に寝ちゃうのもよくあること。

こうして振り返ってみると体調を崩して当然だなぁと思えてくる。


理想の生活・理想の育児。
それを追求するのも素敵だけど、体調を崩したら元も子もない。
本末転倒にならないように気をつけないと・・・。
私はもう少し自分のできる許容量と現実を直視しなくてはならない。
それを息子と私の体が教えてくれました。


そんな話を母乳をケアしてくれた院長さんに伝えたら
「妊娠中もそうだったけど、とことんやって、ぶつかって、ちゃんと気付くのがあなたのいいところよ」
と言ってくれました。

思い返せば、出産前にインターネットでさんざん調べものや買い物をして頭でっかちなっていた私は、院長先生にガツンと叱られて、
「お産は本能でするもの!パソコンはもう禁止!!!」
と、パソコン禁止令を言い渡されたのも、今となっては良い思い出です。

母乳ケアのお陰で、体調は戻ってきたし、息子も園に慣れて最近は
別れ際に泣かずに、笑ってバイバイしてくれるようになりました。
保育園のお陰で発達も著しいし、息子がいつも園で笑っているのが嬉しい。
ようやく本来の目的だったホメオパシーの勉強も再開できそうです。

でもどんなに慣れてもやっぱり送迎の距離は変わらない。
引っ越しまでの期限付き保育園でいい勉強になりました。
次回の保育園は近いのをまずは優先しなくては(笑)。

保育園だって子育てだって、良いことほど手間がかかる。
でも多少は適当でも、子どもって適応能力があり強いなぁと、最近つくづく感じる。
自分である程度は妥協しながら、大事な部分を守り、家族が仲良く気持ちよく過ごせる生活を模索していきたいです。


今日も読んでくださってありがとうございます。
良かったらポチッと押していってくださいね。

   ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
自然育児ブログランキングへ
posted by sako at 02:11| Comment(8) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

手作りバスソルトとローズマリーポテト

先日、息子がお世話になっている保育園で、手作り市のようなイベントがありました。

保護者や先生達の手作り品の数々は、ビーズアクセサリーや、手染めのTシャツ、髪飾りやシュシュ、革製のキーホルダーや木の枝を使ったモビール、小物入れなど、どれも欲しくなるような趣向を凝らしたものばかり。

その他にも、手作りケーキやお食事を出すカフェや、バザーなど、当日はお客さんもいっぱいで盛り上がり、アットホームで楽しいイベントでした。

今回、私が手作りしたものはハーブで色づけしてエッセンシャルオイルで香り付けしたバスソルト。

DSC_1124.jpg

左からラベンダー、ジェニパーベリー、ローズの3種。

作り方は前田京子さんのお風呂の愉しみという本のレシピを参考にしました。

この本、前田さんの手作り生活を愉しむエッセイがとても素敵です。
手作り品って見た目が地味なイメージがありますが、お菓子のような石けんや、ガラスの容器に入れられた手作りボディケアグッズや入浴剤は既製品にはない自然な風合いと楚々とした美しさで、前田さんの抜群のセンスの良さが伺えます。
文章の表現もとても豊かで、文中に登場する手作り石けんや化粧水、入浴剤の手触りや香りまで想像できそうな本です。

材料はすべてこちらのネットストアで揃うので初めてでも取り組みやすいです。
(このストア、容器などセンスの良いものばかりで欲しいものばかり)

私は料理は好きだけど、他の手作り品はどちらかというと、良いものを探してくる方が好きで、手芸に関してはかなりぶきっちょ(苦笑)
今回、手作り一品のノルマに何を作ろうか、かなり悩みました。

でも、前田さんのレシピはどれもシンプルで、台所にありそうなものばかりで作れるので、料理の延長で作れそう・・・なんて思って今回バスソルトを作ってみました。

お湯とハーブで濃いめの液を作り、岩塩にまわしかけて電子レンジで乾燥させます。ラベンダーだけは色がとんで灰色になってしまうので、クエン酸をほんのちょっぴりハーブ液に加えてきれいな紫色にしました。

出来は我ながらなかなか上々。
この3色の瓶がお風呂場にあるだけで、眺めてはうっとりで、使って体がポカポカ、アロマオイルの効能と香りに癒されます。

DSC_1115.jpg

袋詰めして、ラベル貼り。
ここ何日か、息子が寝るたびにちょっとずつ作業しては息子が起きて中断・・・、
子育てしながら手作り品を大量に作るのは大変だなぁとつくづく感じました。

やっぱり料理もそうだけど、家庭で使う分だけを、気に入った材料で自分好みにアレンジして作れるのが手作りの良さ。

大量に作るのは今回限り、今後は自分の家で使う分くらいは石けんや化粧品も手作りしてみたいなぁと思える良い経験でした。


ちなみにこちらは夫が作ったローズマリーポテト。

DSC_1119.jpg

軽く湯通しした皮付きのジャガイモをオリーブオイルでローストして、ローズマリー、タイム、セージ、ニンニク、塩・胡椒で味付け。
こちらはお総菜コーナーで人気で早々に売り切れました。

親子で参加の楽しい手作りのイベント。

日々のことに追われると、つい既製品ばかりを求めたくなってしまいますが、たまに手作りをすると、その質の良さの割にコストの安さ、そして何よりも生活が豊かに色づく・・・
今回、保育園のイベントを通して、そんな良さを再確認でき、これからも手作りにハマりそうな予感のする今日この頃です。


なかなか更新できなくてすみません。
今日もポチッと応援してくれると励みになります。

   ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
自然育児ブログランキングへ

posted by sako at 17:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

スリングの上手な使い方とコツ(応用編)

最近、乳腺炎になってしまい、しばらくブログを放置してしまいました。(乳腺炎の経緯についてはまた次回・・・)

スリングの使い方とコツについて、前回の記事の応用編をUPしなければと思いつつ、大変長らくお待たせしてしまって本当にごめんなさい。

今回はスリングを使った授乳についてまとめてみました。

1.基本の抱き方についての補足
片足を入れる方法については前回の記事に詳しく書きましたが、ポーチに入れる際のコツは、この写真をご参考にしてください。

DSC_1014.jpg

(左肩にリングがくる場合の方法)
赤ちゃんをげっぷさせるように右肩にかついで、ママの左手を赤ちゃんの右膝の外側からポーチ中に手を入れて(赤ちゃんのリング側の右足をポーチの下レールから外に出し)、ポーチの下レールで赤ちゃんのお尻を包みます。
次にママの左手(ピンクで表示)を写真のようにポーチの中に入れて、赤ちゃんのお尻と左足を支えます。この時にママの左手の指先で赤ちゃんの左膝の裏を支えながら足をママの右脇腹に沿うように伸ばすのがポイント。
その状態で黄色の矢印の方向にスリングのポーチを赤ちゃんの首もとまでグッと引き上げてから、赤ちゃんをママの肩からポーチの中に下ろします。

テールを引いて調整する方法は前回の記事をご覧になっていただければと思いますが、もしも
「テールを強く引いても引けない!?」
という場合は、この写真のようにリングの布をちょっとだけ引っぱり出して指で重なりをほどくとスムーズに引けるようになる場合が多いです。

DSC_1059.jpg

2.授乳の方法について
@まず落ち着いて座れる場所を探します(慣れれば歩きながらでも授乳できます♪)
基本の縦抱き(寄り添い抱き)だと、授乳するには赤ちゃんの頭の位置が高すぎるので、リングを持ち上げながら赤ちゃんのお尻を支えて、赤ちゃんの重みで、授乳にちょうど良い高さまで赤ちゃんの位置を下方にずらします。

DSC_1017.jpg

A授乳する時の服は、ボタンシャツやカーディガンなど前開きがお勧め。
おっぱいの位置だけボタンを外して、インナーはモーハウスの穴あきシャツ等があると便利ですが、使わなくなったTシャツの乳首の位置に縦スリットにハサミを入れたものもインナーとして私は使っています。

下着はクロスオープンのブラ等が片手でサッと出し入れできるのでお勧めです。

DSC_1021.jpg

ただいま授乳中〜るんるん

近くで見てもおっぱいの先しか出していないので他の人には気づかれにくいし、スリングの首もとの布をひっぱりあげれば電車の中だって授乳できます。

前開きの服でない時は、座った状態で、スリングの中から裾をまくり上げて授乳します。お腹が出てもスリングでほとんど隠れるので授乳は可能なのですが、まくり上げているのにもたついて赤ちゃんがグズってしまい、かえって注目をあびてしまうことも・・・。
そんなときやっぱり授乳服はいいです。
授乳服はいろいろなメーカーのものを買いましたが、モーハウスの授乳服は、価格は高めでも、授乳のしやすさ、着心地、デザイン、耐久性とナンバーワンで、一枚持っていると本当に心強いです。

Bリング側のおっぱいで授乳する場合
スリングだとどうしても、リングと反対側のおっぱいが授乳しやすいのですが、リング側のおっぱいで授乳する場合は、この写真のように↓

DSC_1017.jpg

リングを持って、赤ちゃんのお尻に手をあて、赤ちゃんを持ち上げながら赤ちゃんの頭がリング側のおっぱいの前に来るように、リングとお尻を支えている手を同時に動かして、横に移動します。
(リング側に移動すると赤ちゃんの頭の位置が上がってしまうので、リングを持ち上げて更に赤ちゃんの位置を下げて調整するといいでしょう)

DSC_1026.jpg

今度は左のおっぱいで授乳中〜るんるん

スリングのお陰で、ボタンを外した服の開口部が見えないので、授乳しているようには見えないですよね?

公共の場で授乳するコツは、とにかく素早く赤ちゃんがグズる前に授乳することです。
赤ちゃんが大泣きしてからだと、注目をあびてしまうので、胸元を出しにくくなってしまいます。

赤ちゃんがスリングの中でおっぱいを欲しそうにモゾモゾ、クスンクスンし始めたら、座ったままスリングの中に片手を入れさりげなくサッと胸の先だけ出して赤ちゃんに飲ませます。
この時、赤ちゃんの頭やスリングのレール布で周囲から見えないようにしながら、ママの目線は胸元を見ないでやるのがポイント。

C飲ませ終わったら・・・
飲ませ終わって、また抱っこで移動する時、赤ちゃんの位置を定位置に戻さないと、下がったままでは重たくてママの肩が痛くなってしまいます。
この時にテール布ばかり引っぱっても赤ちゃんの重みで上がりにくいし、赤ちゃんが斜めに上がってしまいます。

DSC_1029.jpg

上の写真のように、まずピンクの矢印のように、赤ちゃんを高い位置(赤ちゃんのお尻がママのおへその位置くらい)に持ち上げてから、黄色の矢印のように、余った布をリング側にたくし寄せます。

DSC_1033.jpg

あとは、そのままテール布を引けば、赤ちゃんの位置を上手に戻すことができます。

ただし、一度下げてしまうと、きれいに高い位置に戻すのは難しいので、一度赤ちゃんをポーチから出して、スリングを十分にしぼってから入れ直す場合もあります。
(赤ちゃんの月齢が上がると、自分で下を向いてママのおっぱいを飲んでくれるので、大きくスリングを下げなくても良くなってきます。)


A-isso(あいそ)のスリングとモーハウス(Mo-House)の授乳服って、私がいろいろ試した育児グッズの中で一番良かったかもしれません。

スリングで授乳できるようになると、授乳室を探さなくても電車での移動時間を有効に使えたり、お友だちと会っている時に男性がいても席を立たずに、話しながら授乳ができるので、それまで家に閉じこもってばかりだったのが、お出かけが楽しくてどんどん自由になれる感じです。

息子も欲しい時に、すぐにおっぱいがもらえて、ぴったりと密着して安心みたいで、ご機嫌でよく寝てくれます。
だから、講演会やセミナー、レストランなど息子が小さい頃は特に色々と出かけることができました。


一時期、テレビで「抱っこひも・スリングでケガ」というニュースがありましたが、親が前屈みになった時に子どもが滑り落ちてケガをしたとか、スリングの中で赤ちゃんが窒息しそうになった等、正しく使っていれば起きそうもない事故ばかり。

先日も、助産院で産んだママ達の集まりで、
「ちゃんと使えばあんな事故ありえないよね」
「あんなに強調して報道することないよね〜」
と話が盛り上がり、こんなにいいものなのに、これでスリングを使う人が減ってしまうのは本当に残念なこと・・・というのがスリング愛用ママ達の共通した見解でした。

スリングって使うのが難しいとおっしゃる方が多いのですが、もしこの記事が少しでもお役に立てば幸いです。


いつも応援してくださって本当にありがとうございます。
今日も良かったら、ポチッと応援クリックお願いします。

  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
自然育児ブログランキングへ

posted by sako at 11:01| Comment(4) | TrackBack(0) | ベビー・育児グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。